Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

1、ノート

2筆記用具

3カメラ

4ボイスレコーダー

5事前にできるだけ相手のことを調べる

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

1 ノート

2 筆記用具

3 カメラ

4 ボイスレコーダー

5 事前にできるだけ相手のことを調べる

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

1 ノート

2 筆記用具

3 カメラ

4 ボイスレコーダー

5 事前にできるだけ相手のことを調べる

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

1.ノート

2.筆記用具

3.カメラ

4.ボイスレコーダー

5.事前に出来るだけ相手のことを調べる。

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

12月5日思いっきり京都(焼き物に関した)ミュージアム巡りをした。泉北を出て、まず最初に着いたのは高麗美術館。たどり着くのに約3時間、東京行きと同時間かかったが雨の紅葉に佇む京都は素晴らしかった。「鄭」氏が初めて朝鮮白磁に目覚め購入した<白磁の「壺」>を鑑賞した。高麗・朝鮮の陶磁器はまろやかに包み込むようなやさしさがある。しばし鑑賞したあと、高麗青磁等にあしらわれている「六鶴図」の意味について研究所のEさんにメールで回答をお願いした。また、朝鮮白磁の5本爪の龍は中国の皇帝を表現しているのと違い朝鮮王を意味するとのことだった。5本爪、4本爪、3本爪の「龍」がいるが、日本には5本爪の「龍」は存在しない。次に、京都造形芸術大学で開催中の「芸術と生活の根(プリ)-李朝の興ー」を鑑賞、焼き物は鶏龍山の作品が数点展示してあった。また、可愛らしい「虎」の図柄の軸、胸当てもあった。                                                                                                           

 

このあと、尾形光琳、乾山が眠っている「妙顕寺(塔頭:泉妙院)」を訪れたが、閉門していてお参りはできなかった。 
続いて堀川通りに面した裏千家の「茶道資料館」に行き「秋季特別展ー鎌倉時代の喫茶文化ー」を鑑賞した。東洋陶磁美術館の「(国宝)油滴天目」が中央に(托無し)で展示してあった。見学後、お茶を一服して退出した。
妙顕寺  

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

12月6日 大阪市立中央青年センターにて大阪市、大阪府、大阪商工会議所、大阪NPOセンターの主催で、開催されました。

「まちを元気にする醍醐味を伝えたい」のタイトルで、パネルディスカッション、公開プレゼンテーションがあり、一般の方は120名の参加でした。

大賞(グランプリ)は株式会社マイファームでした。素晴しいプレゼンテーションでした。