Posted by & filed under 思い出, 歴史のこと, 過去の思い出.
コメントはありません。

野坂昭如著 火垂るの墓 を読んだ。何回目かである。

「省線三宮駅構内浜側の、化粧タイル剥げ落ちコンクリートむき出しの柱に、背中まるめてもたれかかり、床に尻をつき両足まっすぐ投げ出して・・・・・。」これは 火垂るの墓 の書き出しで、主人公の最後の場所である。14~15才の孤児である主人公はなぜ駅にたむろしたのか。いつも人混みの中に居られる人懐かしさ、雨露をしのげる、トイレ・水道がある、たまには貰い物がいただけるなど。主人公は大変な下痢もちで間もなくここで亡くなる。涙なしでは読めない。三宮駅、神戸駅、兵庫駅は戦前からある駅舎で爆撃を受けなかったため戦後も長い間戦前のままであった(今はJRになりどの駅も改装され昔のおもかげはほとんどなくなっている)私が神戸で下宿生活(昭和30年からでは兵庫高校(ニ中)の近く、そして一年後には板宿小学校に移った。)を始めるほんの10年前の、一面焼け野原で家を失った人や孤児たちが雨露しのいだ戦後間無しの情景である。私は今でも昔の兵庫・神戸・三宮の駅舎の構内の様子が直ぐ思い出すことが出来る。

昭和30年~33年まだ戦後を残した神戸(進駐軍がいた)で高校生活を送った私は、大阪、奈良、堺と住所を変えて約60年になりますが、出張や所用で神戸へ行くことは何度となくあった、三宮駅構内を通る度にどの柱を背にしていたのだろうと主人公を思いながら通りました。

若い頃に読んだ思いと(終戦時私は5歳であった)、喜寿まで歳を重ねてから読んだ思いには差がある様に思う。これは一体何だろう。本に幾ら詳しく書いても当時の状況を知らない若い人たちにどれだけ伝わるのだろうかともどかしくも思う。昨年、焼け跡・闇市派と言われた作家で「火垂るの墓」の著者野坂昭如さんが85歳で亡くなりました。そして71年目の終戦記念日がもう直ぐ。時代が動いているなーと感ずるこのごろです。

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

茄子が花は咲くのですが、実がならないので、パソコンで調べたら、肥料不足らしいです。

慌てて肥料と虫よけの薬を足すと見る見るうちに大きな茄子が出来ました。(^_-)-☆

小さいのも入れると4本もできました。収穫するのが惜しくて・・・・・嬉しいです

ピーマンも3~4個できてます。

 

 

Posted by & filed under まち歩き, 季節気候, 環境自然, 畑はベランダ.
コメントはありません。

涼感を得たく、ベランダにささやかなビオトープを造りました。睡蓮鉢に睡蓮や浮き草と一緒に「メダカ」を飼うなどして見ました。睡蓮は花は咲いていませんが、購入してきた時期より多くの葉を付けて涼感を漂わせてくれています。

メダカは購入して来た時、三匹だったのですが、今では稚魚が6~7匹、育ち毎日を楽しませてくれています。

メダカ向けの睡蓮鉢と睡蓮

気持良さそうに・・・・

睡蓮の葉の下に隠れて

メダカの種類は「楊貴妃」と名が付いていた種類でピンク色をしています

トンボのヤゴでしょうか?購入したわけではありませんが

その他タニシの様な生き物も育って来て居りビオトープを楽しませてくれています。

猛暑の毎日が続いていますが、健康に気を付けてこの夏を載りきりましょう。みなさん涼しくなる工夫をされていますか?。

Posted by & filed under 堺および近郊のこと.
コメントはありません。

昨日(7月28日)午前ツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきた。時期的に少し早いかなと思い、家内にも確認してもらった。やっぱりツクツクボウシだという。二人で確認したのだから間違いなし。立秋まで10日もあるので、私だけが早いと思っているだけで、コンナもんですよといわれるかもしれません。翻って 我家の庭木ではクマゼミの大合唱で、寝ていられないくらいだし、アブラゼミが網戸に留まって泊まっていたりします。こいれはまさに夏。季節は動いているんですねー。

庭木で鳴くクマゼミ

網戸に留まる アブラゼミ

 

Posted by & filed under お花.
コメントはありません。

久しぶりにリサイクル公園にひまわりが綺麗に咲いてました。

ひまわり

ハイビスカス    もみじ葵

百日紅(さるすべり)

ベルガモット(ハーブ)

Posted by & filed under パソコンカフェ.
コメントはありません。

Windows10へのアップグレードにやっと成功しました(^_-)-☆。

無償アップグレードの終了期限の残り六日を残しやって成功しました。アップグレードへチャレンジすること、両手でも数えきれない程、殆んど諦めの境地で、やっと成功です。「Windows10にようこそ!」の文字に感動してしまいました。これで、買い替えをしなくて済むと・・・

幾度と無く失敗を繰り返したので「Windows10にようこそ!」の文字が表示された時、叫びそうに

しばらくは次々とアップグレードの処理が続き初期画面が出るまでやきもきしながら待ち続け・・・

無事に「サイン画面」が表示され、ホットしました。


これで、このパソコンは「Vista -> windows7 -> windows10」へと進化を遂げてくれ、満足しています。退職後、しばらくは買い替えることは無いだろうと、その時の最高に近いスペックのPCを購入したのですが時が経つとそれでもやっと動作している感じの動きをしています。

Posted by & filed under .
コメントはありません。

6月の初めに、ツアー会社から「昭和1年から9年生まれ世代の特別企画」案内のハガキをもらいました。

内容は、「バスガイド乗車、トイレ付きバス利用で 「山代温泉 1泊2日 」ゆとりのある行程ようで、

体調も、まあまあで、気分転換にもなると参加することにしました。

6月30日出発 1日目、福井市内の 養浩館(ようこうかん)の日本庭園➡東尋坊と見学観光➡山代温泉へ

2日目 山代温泉➡栢野(かやの)大杉(栢野神社境内にある樹齢2300年の北陸屈指の大杉だそうです。)

➡山中温泉街(こおろぎ橋と付近の遊歩道散策)➡日本海さかな町(買い物)➡なんばに帰って来ました。

 

養浩館(ようこうかん)の日本庭園

庭園

庭園内の月見の間

庭園内の池の鯉

栢野神社

栢野神社境内にある樹齢2300年の北陸屈指の大杉

栢野郷由来

山中温泉こおろぎ橋

こおろぎ橋下の渓流から

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

明治時代2に祥雲寺の銅版画写真が入っています。

明治時代3には、堺の銅版画写真を忘れたので、説明だけで終わっていますので、

今回は、写真中心に作りました。

日本博覧図第12編

日本博覧図に入っていない祥雲寺の銅版画

日本博覧図に入っていない妙国寺銅版画の一枚もの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by & filed under ぶろぐカフェ.
コメントはありません。

ぶろぐかふぇ7月度出席しました。先月が急用で欠席しましたので2カ月ぶりです。皆さん暑いのにヤル気満々、 おしゃべり と「課題完成」を目指している。皆さん活き活き。来月は夏休で なし。 やって欲しいと言う声もあったのですが・・・・・・。 次回は9月 楽しみです。

Posted by & filed under 未分類.
コメントはありません。

家庭菜園で近所の方が苗をくれたのでプランタンに植えました。

ところが茄子の花は咲くのですが実が付かず花が落ちてしまいます。

もう3個の花が落ちました。まだ花は咲いてるのですが・・・・・又落ちるのかしらね。

ピーマンは1つっ収穫しましたが穴空いてます(* ̄▽ ̄)フフフッ♪